単品と単品

ハンバーガーとチーズバーガーを食べたいときもある

ブログ「単品と単品」について

私は私の欲しいものを一つずつ選ぶ。一つずつ揃える。
絶対に譲らない。
そういう意思で、ブログ名を「単品と単品」にした。
サブタイトル「ハンバーガーとチーズバーガーを食べたいときもある」も同じ思考から。

「単品と単品」とは何か──ブログ名の話 - 単品と単品

 

好意の泉のその隣

これは2024年の目標「責任を負い、責任を果たす」の途中振り返り記事です。

 

私は毎年「今年の目標」を立て、その年の12月、アドベントカレンダーで目標の振り返りをしています。アドベントカレンダーを書くのは好きですが、近ごろ欠点を感じています。年末に一気に書くと、思い出せるのがせいぜい10月くらい以降なのです。これではとても「一年の振り返り」とは言えません。

これをなんとかカバーしたく思います。記憶力を上げることは諦めましょう。別の手段を考えました。今年は、目標に関する途中振り返りを入れたいと思います。
去年一昨年は半年地点で中間振り返りをやりました。もっと今年は小刻みに、そう、毎月とか……実は1月早々に目標に関連する気づきがあり、1月中にまとめられたらよかったのですが、なんか書く気分になれず、気づいたらもう2月が終わろうとしています。ちよこ大作戦が楽しいです(刀剣乱舞オンライン)。ということで、今回は、1-2月の振り返り記事を書きたいと思います*1

好意の泉

今回は好意の泉の話をします。もちろん、「何かを”へ~え? イイじゃん”と思っている瀬名泉」のことではありません*2

何の話だっけ。

好意の泉の話。

壁に貼る書き初めの話

すみません、いきなり脱線する。そう、私、在宅勤務をしていまして。フルリモートで。仕事机の上に、「責任を負い、責任を果たす」と書いた紙を貼っています。今年の書き初めです。画面から目を上げるとすぐに見えるところに*3*4

仕事で何か、心がモニャッとする時があるでしょう。そんな時、顔を上に向ければ、「責任を負い、責任を果たす」が目に入ります。自筆の。
すると、「今の私は責任を負っているだろうか? 負っているとしたら、それを果たしているだろうか?」そういう自問自答の時間が発生します。
これは私にとってとてもいい感じなのです。

やりましょう、あなたが好きだから

書き初め目視チェックで気づいたのは、「私は、好きだという気持ちを燃料にしがちだ(非常に頻繁に)」ということでした。

何か仕事や作業をするときのモチベーションに、「依頼者のことが好きだから」、を充てていることが多くあるのです。すると、業務負担と好意が釣り合わない時(言い換えますと、好きだと思えない人から多くの/大変な作業が降ってきた時)に、しんどい、ということに気づきました。自分の好意を燃料にしているのに、好意が足りないと、まるで「空腹なのに走らねばならない」ような感じになるのです。お腹は痛く、足はフラフラ、ネガティブまっしぐらです。

好意の泉、責任の泉

ところが! 今年の私は一味違います。「責任」というキーワードを装備しているのです。特上責任兵です*5

すると、「うう、やらねばならないが、(私から相手への好意が足りなくて)つらいよ〜」という時、いったんストップをかけることができます。「私はそれをやる責任を負っていますか? 負っているなら、それを果たせていますか?」という確認をするのです。

責任があれば、それをただ果たせばいい。責任が発生していないのであれば、やらないという選択肢もあります。または、やるという責任を改めて発生させ、相手と自分で再確認をします。

私は二つ目の燃料を手に入れました。好意の泉の隣には、責任の泉が湧いていたのです。責任の泉から汲んだ水を自分に注げば、好意の泉から汲んだ水を注いだときのように、あるいはより軽やかに、仕事をすることができるのです*6

感情駆動の派閥

好意と責任。これは、何年か前にテーマにしていた「感情と意思」とは異なるものです。感情も意思も私のうちから生じるものですが、責任は客観的なもので、他人とも共有することが可能です。自分の感情が自分に絡まって動きが鈍くなった時、一度外部の目に立つ、というクールダウンの動作は、私に必要なものだなと思いました。

相手への好意を原資にして奉仕するようなやり方は、私のクセです。たぶん生まれつきのもので、今後も変わらないものだと思います。だけど、他のやり方を身につけることはできるし、たぶんそうした方がいい。なぜなら、世には、好きになれる相手ばかりではないから……。

 

というわけで、「責任を負い、責任を果たす」は無事活用されています。今のところ。
またどこかの時点で中間振り返りを挟めたらと思います。3月か4月だといいな*7

 

おまけ:感情に「よし」と宣言する

おまけなのに大見出しを付けてしまった。

私が「悲しい」「悔しい」「腹立たしい」などと思う時、反射的に「そんなこと思うわけない、なぜなら……」と否定しにかかることが多くあります。*8

しかし最近、その兆候を感じると、「あ! 悲しかったね!」とか、「今のは、悔しかったね!」とか、即座に「そうですね」という言葉をかけるようになりました*9。認める。そうすると、なんか気が楽だなと思います。生じた感情を認めない・否定するというのは、自分が自分をということであっても、ちっと心に負担のあることなのかもしれません。

これでほんとうにおしまい。また次回に。

*1:このたびめでたいことがあり、お祝いというキラキラの大義名分を掲げて、前々から行きたかったカフェに入り、前々から食べたかったパンケーキを注文しました。焼き上がりまでの時間にこれを書き始めています。とても楽しみです。カフェインを摂ると眠れなくなるのでノンカフェインのカフェオレを頼みました。知性がある。

*2:瀬名泉の公式ページを探していたら、もうパンケーキとカフェオレが来た。パンケーキ美味しい〜! 嬉しい〜! 3分の2くらい食べて、ブログ書きに戻ってきました。パンケーキにこれでもかとメープルシロップを染みさせているため、カフェオレを挟みながらパンケーキを食べたいが、カフェオレがまだ熱いので……。

*3:去年の年度末には「実は優秀なので、やれば上手にできてしまう」とかなんとか書きました(忙しく、何事にも消極的になりがちだったため)。あと、同僚からもらった呪文「達観」も書いて貼っていました。いずれも毛筆ペンで。

*4:この「達観」は、私の語彙で言うと「鳥の目」とか「鳥瞰」、あるいは「仙人の心得」「動じない」「So what?」みたいな感じだと思われる。伝わりますか?

*5:ちよこ大作戦の影響だ。

*6:気づいたら好意駆動をしている、ということもままあります。

*7:なお今年は「毎月、新聞に短歌を投稿する」も目標にしており、1月と2月は達成しました。ふぃー。

*8:これはもしかすると自分が好意駆動だからなのかもしれません。好意じゃないものが入るとガス欠を起こす、という無意識の防御をしているのかしら。あるいは長女だから?(?)

*9:どうしてそうなったんでしょうね。感情駆動でないやり方を知ったので、燃料にならない感情があっても大丈夫になったのかも。

読んだ:鳥の見しもの : 歌集 (塔21世紀叢書 ; 第290篇)

吉川宏志 著(本阿弥書店、2016)

鳥の見しもの : 歌集 (塔21世紀叢書 ; 第290篇) | NDLサーチ | 国立国会図書館

吉川さんの歌集を初めて買った。好きな歌を詠む人だ、と思って買う歌集を読むときの気持ちは、ちょっと他にない(好きかなどうかな、と思いながら読む歌集とは異なる)。 以下好きな歌を引く。好き……という気持ちがほとばしってしまってあんまり言語化ができない、できるだけがんばる。14首。

続きを読む

読んだ:天才による凡人のための短歌教室

木下龍也 [著](ナナロク社、2020)

天才による凡人のための短歌教室 | NDLサーチ | 国立国会図書館

「推し短歌入門」を同時並行で読んでおり、それはそれで面白い。異なる作者の短歌入門書。 木下さんは『あなたのための短歌集』の方。

  • 私もほしい歌集ちゃんと買おうと思いました(光森裕樹・大森静佳・岡野大嗣(メモ))
  • 好きな歌人ふたりインストールして、という話、決めようと思う
  • 毎日読むか詠む、これはたぶんほぼできている(砂子屋書房 一首鑑賞 – 日々のクオリア
  • Xのbioに歌人て入れようかと思ったが、Xの書き手格はまた別なのでやめた
  • 今見ているものは見ているだけでよく、思い返して詠むときに、欠けが生まれ、それが歌になる、という話はそうなんだ~と思った*1
  • きらきらひからない、これは本当にそう、反省する。(慣用句とかよくある組み合わせにしない、という話)
  • 困ったらどうするのくだり、めっちゃよかった、他のところにも書いたのだけどここにも引いておく。

p72、太字が章タイトル。

(困ったら)雨を降らせろ。月を出せ。花を咲かせろ。鳥を飛ばせろ。風を吹かせろ。ひかれ。だれか、何かを待て。時間、空の様子、季節を述べろ。

 短歌をつくっていて「あと二文字足りない」「シチュエーションが思いつかない」「どうも締まりがない」などと困ったときはこの言葉を思い出してほしい。

二次創作小説の終わり方の参考になる!とも思った。本のオビに漫画の編集者が漫画家に勧めている、と書いてあったから、あるあるなのかもしれない。

そしてこの本は、後半部分が「あなたのための短歌展の記録」になっている。短歌スケブだ。リクエストされてから約1時間で短歌を作る、という取り組みの記録である。この作者さんが、もらったリクエストのために作る、信じられないくらいやさしい歌が本当に好きだ。

*1:高齢の方が若いときの思い出を詠みまくっていることも思い出した。

読んだ:千夜曳獏 : 千種創一歌集

千種創一 著(青磁社、2020)

千夜曳獏 : 千種創一歌集 | NDLサーチ | 国立国会図書館

 

やっと千種創一さんの歌集を買った……!

本当に年月で崩壊しそうな本だった(そういう意図で装丁をした、という話をどこかで見たと思う)。表紙の紙が本文より薄い感じ、透けている。スピンが普通のサテンじゃなくて、生成りの綿? 素朴な手触り。色の濃い細い糸が漉き込まれている。本文用紙はわら半紙っぽい、グレーで手触りのある紙。水に漬けておいたら滅びそうな本だ。

以下は歌を引きながら離しています。9首。

続きを読む

途中まで読んだ:35歳、働き女子よ城を持て! = 35-YEAR-OLD,WORKING GIRLS-OWN YOUR CASTLE!

高殿円 著ほか(2019)

35歳、働き女子よ城を持て! | NDLサーチ | 国立国会図書館

なんだか見たことのあるお名前、と思ったら『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』の方だった。

コロナ前の本なので、今とは状況が違うのかもしれないが、都内で独身でマンション買おうかな、という時に何をしたらいいか、が体験談調で書いてある。手っ取り早いtips本ではないけど、エピソードが好きな人は面白いかも。 今はもっと不動産が高くなっているのではないだろうか。

家を買うと家が毎日自分をほめてくれる、っていう観点は新鮮だった。

途中まで読んだ: 恋愛論 (乙女の本棚)

坂口安吾 著 しきみ 絵(2023)

恋愛論 (乙女の本棚) | NDLサーチ | 国立国会図書館

 

このシリーズは春馬車を持っている。

坂口さんの文章好きだし、途中まで読んで、これ分量が結構多い、と気づき、ゆっくり読みたいし、絵もすごくかわいいし、これは本棚にあった方がいいタイプの本だ、となったところ。

読んだ: 「ユマニチュード」という革命 : なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか

イヴ・ジネスト, ロゼット・マレスコッティ 著 本田美和子訳(2016)

「ユマニチュード」という革命 : なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか | NDLサーチ | 国立国会図書館

 

すごくよかった! 現場にいた頃には……きっと読めなかっただろうけど、理想と現実が違いすぎて。

「ユマニチュード」って何度か耳にはしたことがある。ホリスティック、とかと同じようなタイミングで。この本はその具体的に実践方法についてはほんの少しだけ触れられるに留められて、その効果の方に紙幅を割かれている印象。

結局ユマニチュードってなんだったんだろう? とは思いつつ(フランス語で「人間らしさ」らしい)、印象的だったことを抜き書きする。私はきっと現場には戻らないとは思うけど、いずれ家族の介護や看護が必要になる時も来るでしょう、きっと。

 

ケアをする人の定義について(p139)

ケアをする人とは職業人であり、健康に問題のある人に次のことを行います。

 

レベル1 回復を目指す

レベル2 現在の機能を保つ

レベル3 右のいずれもできないときは最期までそばに寄り添う

これはユマニチュード的には、という定義なのだと解釈して読んでいます。これは看護でも自然とこうなるな、という印象です。ただ、いつもベストを尽くしてこられたのかと言われると難しいなと思う。保清のときに(これはシャワーを浴びさせるとか、それができない時には体をおしぼりで拭く(清拭)とか、そういう意味です)40秒でも立たせたら褥瘡はできないし、「あなたは人間である」というメッセージにもなる、みたいなことも書いてあった。確かに……そうかも……でもそれをやろうなんて思ったこともなかったなあ……。寝たまま拭くのが当たり前だった。一日中寝かせていたら歩けなくなるなんてよくよく知ってるのにね。

ええと、ケアの話。

そう、病気、入院の原因の病名についてはもちろん回復を目指しているつもりだけど、それ以外のことはみすみす悪化させてきたなあ、という反省。これは現場を離れてもう長いから落ち着いてそう思えることだなあと思う。

 

口から飲み食いしない人に点滴するか経鼻経管栄養するか、というところで、飲み物をふたつ持ってきて「カンパーイ」ってしたら飲んだ、っていう話もたいへん印象的だった(p169)。これね……! コップに水汲んで目の前に置いて、さあ飲んでください/飲めますか?ってするだけでは飲めない、っていう感覚、私になかったなあ。ううむ。

 

触れる時は肩や背中といった敏感でないところから。手とか触りがちだよね……! 清拭のとき顔からやりがちだよね……! でも顔も敏感だし、急に触られたら攻撃されていると思われやすいらしい。しかも顔も手もいちばん汚れてるしな。

掴んだり、指先だけで触れてはいけない。広く、優しく、そして常に離れない(片手は触れているようにする)。これ書くのは簡単だけどするのはものすごく難しいだろうなあ……『ですから、ケアの最中、あなたは岩登りをしていると思ってください。両手を離すと落ちます。』(p210) これは(私が実践するとしたら)訓練が必要だと思う。

 

話しかけて返事がないと、自分が充電されなくて、話しかけるためのエネルギーが枯渇するという話。コミュニケーションをそんなふうに考えたこと、なかったなあ。その時に自分の動きを実況中継/予報して(「オートフィードバック」)、ケアの場に言葉を溢れさせると、セルフ充電ができる。しかもケアする相手は、次の動きを事前に知らされたりするからますます良い、というのもいい話だった(p197-)。

 

ユマニチュードの5つのステップは、とてもためになると思う。p242に表が出ている。自分のメモとして、端折って、理解を交えつつ書く。

①出会いの準備 3回ノックして待つ、3回ノックして待つ、1回ノックして入る(誰かが来たことを知らせる、拒否できるということも知らせる)

②ケアの準備 まずは正面から目を合わせて「こんにちは」「よく眠れましたか」などポジティブな言葉で話しかける。ケアしに来たのではなく、あなたが好きで、あなたに会いに来た。ケアの話はそれから。

③知覚の連結 ケアの間、相手を見る、相手に触れる、相手に話す、すべてをポジティブなメッセージで統一すること。掴んだりしない。

④感情の固定 ケアの最後にポジティブなメッセージを伝えて、ケアを素敵な体験として記憶に残す。

⑤再会の約束 「また会いましょう」と約束する。認知症患者はそのことを忘れるかもしれないけれど、喜びや期待の感情はとどまる。

 

どれもできてなかったな! そしていざケアする側になった時にできるだろうか、心配だけど、これらが実行できたら自分も幸せではないだろうかと思う。

 

フランスの事例のみならず、日本の事例もいくつも挙がっているのが、親しみを(そしてつらさを)もって読めてよかった。私も搭乗時にCAさんと目を合わせようと思う。

 

 

私はずっと*1、病や何かによって、「自分が自分でなくなる/肉体は生きていてもその人としては死んでしまう」という現象と、それに抗うこと(いつまでも自分を保つこと)に興味を持ってきた。ということを思い出した。認知症患者も人間だということを、自分が心から実感できるようにケアを提供するというのはとてもいいことだと思う。人間であってほしいし、人間らしく接したい。

 

他にもこの作者はユマニチュードの本をいくつも出していらっしゃるので、また読みたいと思う。

 

 

 

 

 

 

*1:15年くらい

読んだ:風にあたる 第2版

山階基(2019)*1

風にあたる 第2版 | NDLサーチ | 国立国会図書館

 

国立国会図書館サーチでは第2版と初版が別に立てられている。

山階さんの短歌、たぶん「穀物」で読んだことがあるはずだ。東京文フリで、何年も前に。怪獣にもいらっしゃらなかったっけ……と調べたら山階さんと山城さんを混同していました、申し訳ありません。

装丁・組版が御本人です!! かっこよすぎる……! 

あたたかい、ささやかでひそやかな暮らしの歌。

歌集読んだあといつも思うけど、好きな歌いくつかメモしておきたいんだが、読みながらしおりとか挟まないと後で振り返るのもうかなり厳しいよな。

 

*1:一個前の記事の上坂さん・岡本さんといい、最近同世代の歌人さんがめっちゃいらっしゃるな、と目にとまるようになった。近頃は、文芸で身を立てる同世代に対して嫉妬しなくなったなと思う。仕事にしている人にはその研鑽があり、苦労があるだろうし、私にはない。それに、分業というかなんというか、あなたがそちらを耕している間に私はこちらを!みたいな感じだろうか、私は私の仕事が結構好きだし。面白い心の動きだなと思う。

読んだ:『老人ホームで死ぬほどモテたい』と『水上バス浅草行き』を読む : 歌集副読本

上坂あゆ美, 岡本真帆 [著](2023)

『老人ホームで死ぬほどモテたい』と『水上バス浅草行き』を読む : 歌集副読本 | NDLサーチ | 国立国会図書館

 

この記事で触れていた本。読みました。

 

すみません、元の歌集を読めておりません。。でも面白く読みました。

短歌の読み方、鑑賞の仕方、味わい方がいまいちよくわからない。そういう視点で読むと、この一首からどういうことを読み取るのか、感じるのか、っていうのが単純に面白い。そして、このお二人同士は仲が良いらしいので、相手の人間性に言及するところがあり(特に、上坂さんが)、人が人に宛てる愛を覗いているような気持ちになる。

読んだ:モノガタリは終わらない

朝井リョウ [ほか] [作]ほか(2022)

モノガタリは終わらない | NDLサーチ | 国立国会図書館

「捨てない」がテーマのアンソロジー。色んな人の短編が読めて嬉しい。

読み終えたので追記。

いい人の手に渡れ! / 伊坂幸太郎 著. 人間の友 / 三浦しをん 著. 吉凶の行方 / 朝井リョウ 著. 朝井さんの本まだ読んだことない。この短編は学生の恋の話で気持ちよく読んだ。 RPGノート / 藤崎彩織 著. 0.8 / 吉田修一 著. 一人で二つ / 絲山秋子 著. ボタンと使者 / 角田光代 著. 珊瑚のリング / 吉本ばなな 著. 花魁櫛 / 筒井康隆 著. 初恋の / 川上未映子 著. 消しゴム / 岩井俊二 著. 封印簞笥 / 綿矢りさ 著. バタクランを越えて / 金原ひとみ 著. ブルース・フォー・ポーギー / 西川美和 著. このお話がいちばん好きだった。A面B面のお話大好き。脚本家さんらしい。 バイバイ / 尾崎世界観 著. 天井裏の時計 / 平野啓一郎 著. 彼女の武装 / 江國香織 著. 思春期の頃にたくさん読んだので文体が懐かしい! がらくた / 太田光 著. 誰がために、鈴は鳴る / 水野良樹 著. 内緒 / 恩田陸 著. ジョーンズさんのスカート / 山田詠美