単品と単品

ハンバーガーとチーズバーガーを食べたいときもある

ブログ「単品と単品」について

私は私の欲しいものを一つずつ選ぶ。一つずつ揃える。
絶対に譲らない。
そういう意思で、ブログ名を「単品と単品」にした。
サブタイトル「ハンバーガーとチーズバーガーを食べたいときもある」も同じ思考から。

「単品と単品」とは何か──ブログ名の話 - 単品と単品

 

このブログは、以下の要素から成ります。

2022年の目標、中間振り返り:勝てない戦に勝ちに行く

2022年が半分終わらんとしております。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

こちらの2022上半期は、

  • 九州に引っ越した
  • 業で後輩が(ほぼ初めて)できた
  • #札引いて書くやつ 78枚分完走
  • 連句完走
  • 5月に新刊1冊出た
  • 梔子が2年ぶりに咲いた
  • ロボット掃除機の導入
  • らぶフェスオフ
  • 土地の短歌・俳句大会に応募しまくる
  • 土地の短歌会に加入する
  • 去年読んで好きになった小説の作家さんにファンレターを出し、返事をもらう
  • 家族旅行アテンド
  • 8月の新刊2冊がほぼ確実

という感じです。

元気です。

目標の話

今年の目標は「勝てない戦をする」でした。

まあまあ挑めてると思う。

やってみて思ったこと。

私、負けず嫌いで、戦いに身を投じたら「負けたくねえな……」と思うようです。それなので、「勝てなさそうな戦に挑み、なんとか勝とうとする」人になりつつある。すごい。成長する主人公か。

成長する主人公です。よろしくお願いします。*1

後半戦も挑んでいこうと思います。次にまた数年間のゆったり期に入っても、今ここで走っておけば稼げると思う。*2

そしてあと5ヶ月でまたアドベントカレンダーの時期が来る! それまでに撮れ高を溜めておかないと、という気持ちになるので、やはり「今年の目標」を定めるのはそれなりに意義がある。

*1:私がこういうアクティブさを発揮するのは数年に一度のことなので、気が大きくなっています。

*2:何を? 人生のパワー的なものを!

読んだ:もう泣かない電気毛布は裏切らない

神野紗希 著(2019)

 

俳人の本。母親になったことを後悔していない感じの歌だ。ちょうど母親になって後悔してるを読んだばかりで、違いに少しくらくらする。

 

「すてっちまおうか」と先人が詠んでくれていたから、私は捨てずに/捨てようと思わずに済んだ、というくだり、句や歌にはそういう方向でのお守り要素があるのだなあと新鮮な気がした。でも、踏みとどまるための言葉というのはわかる気がする。

オビにあとがきの抜粋を書くやつ、私もやりたい。

見た:俵万智 史上最強の三十一文字 『サラダ記念日』刊行30周年記念

KAWADE夢ムック(2017)

俵万智 : 史上最強の三十一文字 : 総特集 : 『サラダ記念日』刊行30周年記念 (河出書房新社): 2017|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

ムック本。印象の覚書。

  • 穂村弘さんって俵万智さんと同い年だったのか
  • 作家としての又吉さんの文章あまり読んだことなかったので思いがけず読めて嬉しい、新鮮
  • 口語だと文語に比べて歌に入れられる内容が少ない
  • 短歌には、短歌としての良さを極めることと、大衆に気に入られることとの間に断絶がある(とされている)
  • サラダ記念日の刊行時「これは短歌なのか?」みたいな歌壇のあれがあった
  • 神の一手みたいな最高の一首を詠みたくて詠み続けている歌人もいる
  • 俵万智石川啄木は似ている
  • 俵万智をうたう、というコーナーが面白い。歌人たちが「俵万智をうたう」というテーマで数首を寄せているの。愛。小島なおさんの「俵万智の名詞たち」が特にいいなあと思った。「東急ハンズ」が歌に入れられず、「LOFT」として一首にする。
  • 「俳句は短歌に嫉妬するか」(小林恭二俵万智の対談)で、句会と歌会の違いの話があり、かなり興味深かった。句会では「作者が自分の話」をしだすと顰蹙を買うらしい。へ~!
  • 「これは男が泊まっていったという歌だね」(大野普と俵万智の対談)、ものすごく面白かった。国語学者さんなのね。「〇〇を詠み込んだ歌が何首ある」とか「体言止めがどのくらいある」とか、そういう観点からの読み込みもあれば、歌の背景(情景)?の的確な洞察もあれば、ものすごく面白い。自分の作品を他者に正確に解釈されるのが楽しくないわけがないでしょうと私などは思ってしまうので、読んでいて楽しかった。
  • 「あの本ではこういうことをして、この本はその本の延長線上にあり、こちらの本はまた別の挑戦をした」というような、本を出し続けることによる積み重ね、という視点がとてもよかった。私もそうありたいなあと思う。本を出すのは楽しいが、本を出し続ける楽しさはまた別にある、というか。一次元的な喜びが三次元的になっていく。時間要素があるから四次元かなあ。それは何度か繰り返さなければ、そして「あの本ではこういうことをしてみて、うまくいった/いかなかったから、次はこういうことがしたい」というような、振り返りと先を向く意識の両方がないといけないよねと思う。そして、そうありたいな、とも。
  • 若山牧水記念文学館に行かねばなあと思いました。あと、伊藤一彦さんの歌を読んだほうがいい気がする。