単品と単品

ハンバーガーとチーズバーガーを食べたいときもある

読書

読んだ:鳥の見しもの : 歌集 (塔21世紀叢書 ; 第290篇)

吉川宏志 著(本阿弥書店、2016) 鳥の見しもの : 歌集 (塔21世紀叢書 ; 第290篇) | NDLサーチ | 国立国会図書館 吉川さんの歌集を初めて買った。好きな歌を詠む人だ、と思って買う歌集を読むときの気持ちは、ちょっと他にない(好きかなどうかな、と思いな…

読んだ:天才による凡人のための短歌教室

木下龍也 [著](ナナロク社、2020) 天才による凡人のための短歌教室 | NDLサーチ | 国立国会図書館 「推し短歌入門」を同時並行で読んでおり、それはそれで面白い。異なる作者の短歌入門書。 木下さんは『あなたのための短歌集』の方。 私もほしい歌集ちゃ…

読んだ:千夜曳獏 : 千種創一歌集

千種創一 著(青磁社、2020) 千夜曳獏 : 千種創一歌集 | NDLサーチ | 国立国会図書館 やっと千種創一さんの歌集を買った……! 本当に年月で崩壊しそうな本だった(そういう意図で装丁をした、という話をどこかで見たと思う)。表紙の紙が本文より薄い感じ、…

途中まで読んだ:35歳、働き女子よ城を持て! = 35-YEAR-OLD,WORKING GIRLS-OWN YOUR CASTLE!

高殿円 著ほか(2019) 35歳、働き女子よ城を持て! | NDLサーチ | 国立国会図書館 なんだか見たことのあるお名前、と思ったら『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』の方だった。 コロナ前の本なので、今とは状況が違うのかもしれないが、都内で独身でマンシ…

途中まで読んだ: 恋愛論 (乙女の本棚)

坂口安吾 著 しきみ 絵(2023) 恋愛論 (乙女の本棚) | NDLサーチ | 国立国会図書館 このシリーズは春馬車を持っている。 坂口さんの文章好きだし、途中まで読んで、これ分量が結構多い、と気づき、ゆっくり読みたいし、絵もすごくかわいいし、これは本棚に…

読んだ: 「ユマニチュード」という革命 : なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか

イヴ・ジネスト, ロゼット・マレスコッティ 著 本田美和子訳(2016) 「ユマニチュード」という革命 : なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか | NDLサーチ | 国立国会図書館 すごくよかった! 現場にいた頃には……きっと読めなかっただろうけど、理想と…

読んだ:風にあたる 第2版

山階基(2019)*1 風にあたる 第2版 | NDLサーチ | 国立国会図書館 国立国会図書館サーチでは第2版と初版が別に立てられている。 山階さんの短歌、たぶん「穀物」で読んだことがあるはずだ。東京文フリで、何年も前に。怪獣にもいらっしゃらなかったっけ……と…

読んだ:『老人ホームで死ぬほどモテたい』と『水上バス浅草行き』を読む : 歌集副読本

上坂あゆ美, 岡本真帆 [著](2023) 『老人ホームで死ぬほどモテたい』と『水上バス浅草行き』を読む : 歌集副読本 | NDLサーチ | 国立国会図書館 この記事で触れていた本。読みました。 すみません、元の歌集を読めておりません。。でも面白く読みました。 …

読んだ:モノガタリは終わらない

朝井リョウ [ほか] [作]ほか(2022) モノガタリは終わらない | NDLサーチ | 国立国会図書館 「捨てない」がテーマのアンソロジー。色んな人の短編が読めて嬉しい。 読み終えたので追記。 いい人の手に渡れ! / 伊坂幸太郎 著. 人間の友 / 三浦しをん 著. 吉…

途中まで読んだ:世界一やさしいドラッカーの教科書

浅沼宏和 著(2011) 世界一やさしいドラッカーの教科書 | NDLサーチ | 国立国会図書館 ちょっとやさしすぎて読みづらかったかもしれない…… 「責任」のくだりとかは参考になった気がする(今年の目標とかで)

見た:新しい香水の教科書 : これ1冊で香水の全てがわかる完全保存版!

小磯良江 監修(2022) 新しい香水の教科書 : これ1冊で香水の全てがわかる完全保存版! | NDLサーチ | 国立国会図書館 香水のこと好きになってきたけど、何もしらないままだな……と本を見てみた。香料の辞典みたいなやつ一冊紙で持っておいてもいいかもしれな…

読んだ:さよならブスメイク = GOOD BYE!BUSU MAKEUP!! : 自己流メイク卒業マニュアル

すれみ 著ほか(2020) さよならブスメイク : 自己流メイク卒業マニュアル (sanctuary books) | NDLサーチ | 国立国会図書館 自分の顔の形を把握して、必要なメイクを施そうね、という話。言っていることはわかるんだけど、頻繁に「ブス」と書かれているのを…

読んだ:文豪ストレイドッグス外伝 : 綾辻行人VS.京極夏彦

朝霧カフカ [著](2019) 文豪ストレイドッグス外伝 : 綾辻行人VS.京極夏彦 (角川文庫 ; あ85-1) | NDLサーチ | 国立国会図書館 国会図書館サーチの見た目変わってるな。 やっと読めた……! 出たときから気になっていた。時すでに2024年である。 ミステリーだ…

読んだ:火星の人

ハヤカワ文庫SF(2014) アンディ・ウィアー 著小野田和子 訳 火星の人 (早川書房): 2014|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 私の好きなウェブライターのしんざきさんが、記事でおすすめされていたSF小説。 映画「オデッセイ」の原作でもある(私は映画は見て…

2023年に読んで印象に残った本7冊

これは2023年アドベントカレンダー「淀まない」第16日目の記事です。番外編です。 昨日は久しぶりに図書館で本を借りられました。普段は常に何か借りている状態なのですが、半月くらい空いたかな。図書館はいいねえ。何を読もうか考えながら棚の間を歩き回っ…

読んだ:頭のいい人が話す前に考えていること

安達裕哉 著(2023) 頭のいい人が話す前に考えていること (ダイヤモンド社): 2023|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 私がよく読んでいるウェブメディア、Books&Appsがある。 Books&Apps 作者はこの主宰の方で、ご自身も時折寄稿されている。参考になること…

途中まで読んだ:短歌があるじゃないか。 : 一億人の短歌入門

穂村弘, 東直子, 沢田康彦 著(2004) 短歌があるじゃないか。 : 一億人の短歌入門 (角川書店): 2004|書誌詳細|国立国会図書館サーチ これもほとんど20年前の本だな。『猫又』への投稿作への評が並んでいる。登場する歌人が若い。歌会を覗いてるみたいな楽…

途中まで読んだ:「全然知らない」から始める短歌入門

佐佐木幸綱 監修 土岐秋子 編著(2008) 「全然知らない」から始める短歌入門 (日東書院本社): 2008|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 小野小町が喋っている設定はちょっとおもしろかった。後編、「実践編」といいつつ実際には鑑賞編だったのがちょっと肩透…

部分的に読んだ:キリンの子 : 鳥居歌集

鳥居 著(2016) キリンの子 : 鳥居歌集 (KADOKAWA): 2016|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 鳥居さんの歌はほうぼうのアンソロジーで見ていたが、歌集は初めて手に取った。後半のやさしい歌が目にとまる。

読んだ:逆ソクラテス

伊坂幸太郎 著(2023)※集英社文庫 逆ソクラテス (集英社): 2023|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 羽田空港第1ターミナルの上の方にある本屋さん、本棚の配置が難易度高くないですか。その狭い三角に入って本を選ぶ人、いるのか?っていうところない? 羽田…

読んだ:夏井いつきの世界一わかりやすい俳句鑑賞の授業

夏井いつき 著(2022) 夏井いつきの世界一わかりやすい俳句鑑賞の授業 (PHP研究所): 2022|書誌詳細|国立国会図書館サーチ とても面白かった! いちおう続編、らしいのだが、こちらから読んでしまった。 十二音日記(十二音+五音の季語)とか、一物仕立て…

途中まで読んだ:ママにはならないことにしました : 韓国で生きる子なし女性たちの悩みと幸せ

チェジウン 著 オヨンア 訳 ママにはならないことにしました : 韓国で生きる子なし女性たちの悩みと幸せ (晶文社): 2022|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 『母親になって後悔してる』が面白かったので、関係ないけど、こちらも手に取ってみた。 韓国の方が…

途中まで読んだ:行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術

石田淳 著・文・その他 行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術 (オトバンク): 2012-04-27|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 流し読み。参考になる部分もあるし、それは人によるでしょう、というところもある。個人的な話をビジネスの場でされて嬉しい…

途中まで読んだ:あなたがこの辺りで迷わないように

パトリック・モディアノ 著 余田安広 訳 あなたがこの辺りで迷わないように (水声社): 2015|書誌詳細|国立国会図書館サーチ フランスっぽい手触りの文章だった(?)。訳者あとがきを読んでから読んだほうがよかったかも……。

読んだ:オー!ファーザー : A family

伊坂幸太郎 著(2010) オー!ファーザー : A family (新潮社): 2010|書誌詳細|国立国会図書館サーチ もう読みました! たぶんこの頃から伊坂さんの本を追えなくなっていたんだなあ。13年前……。 長くて、読みきれるか心配だったけれども、「もしかしてこれ…

読んだ:念力レストラン

笹公人 著(2020) 念力レストラン = PSYCHOKINESIS RESTAURANT (春陽堂書店): 2020|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 牧水短歌甲子園で初めて笹公人さんにお目にかかった(壇上でお話される姿を客席から見たのみですが)ところ、あまりにも面白い方だったの…

読んだ:エレジーは流れない

三浦しをん 著(2021) エレジーは流れない (双葉社): 2021|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 単行本のやつ。表紙の題字がキラキラしてる! 実はまだオーファーザー(伊坂幸太郎、2010)を読めていないのだが、それも読みたいな~と思いました(本作では主人…

途中まで読んだ:数学者の休憩時間

藤原正彦 著(1993) 数学者の休憩時間 (新潮社): 1993|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 非常に面白かった。数学者でエッセイスト、なんてあまりにも素敵な作者(ご存命)。御本人の思想がくっきりしている、描写がたくみ、で、なんかこのまま小説になりそ…

途中まで読んだ:子のない夫婦とネコ

群ようこ 著(2021) 子のない夫婦とネコ (幻冬舎): 2021|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 実は群ようこさんの本ってたぶん読んだことが……ない……? タイトルで手に取った本。最初の1話を読んだのですが、なんというか、淡々としている……? というのだろうか…

読んだ:寝る前に読む一句、二句。 : クスリと笑える、17音の物語

夏井いつき, ローゼン千津 著(2017) 寝る前に読む一句、二句。 : クスリと笑える、17音の物語 (ワニブックス): 2017|書誌詳細|国立国会図書館サーチ 以前、夏井先生のエッセイ『瓢箪から人生』を読んだので、夏井先生とローゼンさん(この敬称の付け方は…